悪なき欲望の革命児
766
























リアルの方に購読者さん限定で更新した記事なんだけど 「 コレ、日記として残しておいてもいいんじゃないか? 」 ってくらい長かったので、いきなりだけど、お盆の伊豆旅行のことを改めて日記として更新。

あ、内容ちょっといじっております




















1日目 

旅のスタートは、早番終わりのわたしを航平さんが迎えにきてくれるところから。この日は宇都宮で大きい花火大会があって、会場までは行かなくても航平さんのアパートから普通に見えるから、近所散歩しながら見ようって言ってたんだけど、夕方からのゲリラ豪雨のせいで次の日に延期に、、今年の夏の雨はすごかったよね、、栃木だけ????

残念っちゃあ残念だったけど、メインは旅行で花火はついでだったので、そこまで残念というわけでもなく。花火大会は来年リベンジしよってことになって、近くのショッピングモールで夜ごはん食べてアパートに帰って次の日に備えて寝ました。ちなみにこの日が、航平さんのアパートに初めてお泊まりした日〜!笑




















2日目 

宇都宮駅8:07発の電車に乗る予定だったんだけど、余裕持って早めに駅着いてたいし?駅まではバスで行くし?女の子って準備に時間かかるし?なんやかんやで5時半に起床するわたし。俺はもうちょっと寝ようかなと言う航平さんの腕の中から離れ、身支度タイム。わたしは気合入れてちゃんと身支度すると、シャワー浴びて着替えて化粧して髪巻いてって感じで1時間はかかる。でも気合い入れれば入れるほど化粧濃くなるし髪の毛おかしなことになるよね、女の子の七不思議だと思う

荷物も、わたしはキャリーケース+ハンドバッグだったけど、航平さんはリュックひとつで済んでしまってて。わたしの荷物=航平さんが持ってくれる、ので大荷物で申し訳なかった、、、

























電車では普通に話したり、初めて一緒にsnowやったり、とにかくず〜〜っと笑ってて、気付いたらあっというまに熱海駅に到着。個人的に航平さんのこの柴犬がツボ ( 笑 )
























熱海駅では、お昼ごはんを食べました。特に予約とかはしてなくて、周辺を散策してみて良さそうなお店に入ろうってことになってたので、駅近くの海鮮のお店へ。静岡に住んでる友達に聞いたら、やっぱり海鮮を食べてほしいとのことで、わたしはマグロ丼、航平さんは金目鯛の定食を。どっちも脂乗ってて美味しかった。栃木海ないからなあ。

















それからまた熱海駅から電車移動。この日はちょっとお天気が良くなかったんだけど、電車から見える海が素敵だった。海とずっと平行して電車走るんだけど、最高。栃木海ないからなあ ( 2回目 )

















そしてちょこちょこ盗撮してくる航平さん。撮った写真送り合って、いやこんなにいつ撮った!?っていうのばっかりだったから気が抜けない。360度抜かりなく磨かねば。















そして目的の下田に到着してからは、ロープウェイに乗ったり、寝姿山、ペリーロード、バスが来るまで時間あったからペリー黒船ミュージアム的なところに行ったり、なんか伊豆の特産っぽいオレンジのジュース2種類買って飲み比べたり、小さい神社通りかかったから明日は晴れますようにってお願い事したり。





















とりあえず写真を適当に貼ってみる。
やっぱり天気悪いから写真全体的に暗い。

















この爆笑してる写真が好きなんだな〜〜

ちなみに、この日のワンピースは、titty&Co.のものです。シャツワンピだから上品に見えるんだけど、実は背中ガッツリ開いてるっていう。ウエストマークのリボンが大きくてスタイルアップして見えるので良いです。















そして楽しみにしていた旅館へ…!!

ここの旅館、航平さんが予約してくれるときに 「 夕食が美味しかった宿ランキング東海地方一位 」 って書いてあって ( どこのランキングがよくわからんけど ) とりあえず、ごはんが美味しいと有名な旅館で、期待値上がるよね。

浴衣に着替えてさっそく夕食。



















伊勢海老、金目鯛、アワビ、和牛のステーキ、そして土鍋で炊いたごはん。お盆料金だから宿泊代が2人で5万くらいしたんだけど、お料理もそのぶんいつもよりいいものを提供してくれてるらしく、本当に本当に美味しかった、、天に召されそうだった、、

こういう高級なところって量も少なかったりするけど、ここはそんなことなくって、ボリューム満点の料理がどんどん運ばれてきて。2人ともお腹空いてて食べる気満々だったけど、ちょっと残してしまった、申し訳ない。タッパーくださいって感じだった。

客室も全6室だけだからか、サービスがすごく行き届いてて、女将さんもすごくフレンドリーで、なんだかとてもアットホームであたたかい雰囲気の宿でした。ごはんは最高だったし、温泉も貸し切りだし、最寄駅も近いし、海もすぐ目の前だし、小さい旅館だったけどすごく綺麗だし、この宿を選んでよかった。こんな素敵な宿に連れて来てくれた航平さんにも感謝。

夜は航平さんといろんな話をした。航平さんの案で、前に大宮行ったときに 「 2人でこれから一緒にやりたいことや思い出を残していく用のノート 」 を買ったんだけど、それを書きながら本当にいろんな話をした。今思えば、初めての旅行の夜に2人で未来の話をするって、なかなかロマンチックだよなあ。リアルタイムとか見ててくれてる子は分かると思うんだけど、航平さん、以外と、いや、めちゃくちゃロマンチストな気がする ( 笑 )















3日目 



3日目も美味しい朝ごはんからスタート。わたしも航平さんも、普段は朝食べない人なんだけど、こんなの目の前に出されたら食べるよ〜〜。昨日食べきれなかったのが悔しくて朝食は完食。わたしはごはん3杯も食べる始末でした。

食べ終わって、身支度して、女将さんたちに気持ちよく見送っていただき、最高の気分で宿を後に伊豆高原駅へ。伊豆2日目はレンタカーを借りて伊豆高原を観光しました。















 城ヶ崎海岸













昨日神社でお願いしたからか、この日はほんとによく晴れてくれた。圧巻の景色でした。海なし県民は大はしゃぎですよ。















フラワーガーデン
ニューヨークランプミュージアム





 











彼女とデートなうに使っていいよ的な写真を撮りたかった航平さん。なんかどれも微妙でごめんって感じだったけど、本人は気に入っててロック画面にしてくれてる。うれしい。

ここは予定にはなかったところなんだけど、城ヶ崎海岸行く前に通りかかって、良さそうだからちょっと寄ってみようって入ってみたんだよね。可愛い花がたくさん咲いてる奥に海があって、すごく見渡しがよくて、景色最高すぎた。どこぞの国に迷い込んだのかって勘違いするくらいに。インスタ映え確定。来てよかった。

















この日は、ワンピースが tocco closet、バッグは JILL by JILLSTUARTでした。















大室山リフト





















リフト楽しかったよ、リフト。山頂をぐるっと歩くのも楽しかった。航平さんが自撮り棒の素晴らしさに気づいて写真いっぱい撮ってくれた。イェ〜〜イ ( 笑 )

意外と道のり長くて山頂一周するコース30分くらいかかったけど、好きな人と一緒だとなんでも楽しいね。どこに行くか、なにをするか、それよりも大事なのは誰と一緒かってことだと思う。















 伊豆シャボテン動物公園























とりあえず触れるもんは触っとく精神のわたし。大好きなカワウソに餌あげられるところがあって、わたしの手の上に乗ってる餌をカワウソが手伸ばして取ってくのね。もう大発狂だよ、思ってたよりカワウソの手はプニプニしてた。そして当たり前だけど水に濡れてて冷たかった。結論:可愛い。

航平さん 「 あやちゃん、大好きなカワウソとタッチできてよかったね!今日はカワウソタッチ記念日だね! 」 って、帰りに売店でカワウソのぬいぐるみ買ってくれた航平さん。わたしのお子様感すごいけど、めちゃくちゃうれしかった。航平さんちのベッドに置いてあるから泊まり行くときは一緒に寝てるんだけど、そのカワウソのぬいぐるみ見るたびに、あの感動と興奮を思い出すよね、、わたしの家の近くの動物園とかでもやってくれないかな、、年パス買って通うわ、、















 伊豆クラフトハウス



















なにか旅行の思い出になるものがあればいいよね〜って話をしてて。航平さんが買った伊豆の本に載ってた伊豆クラフトハウス。いろんな体験をしたり、ものづくりができる施設で、わたしたちは吹きガラス体験をしてお揃いのグラスを作りました。店内かなり混んでたんだけど、航平さんが事前に予約してくれてたおかげでスムーズに作業開始。2人で色とかデザインを考えるのも楽しかったし、もちろん体験自体もすごく面白かった。これから伊豆に行く方がいたら、ここはめちゃくちゃオススメです◎





















完成品がこちら、後ろに文字も入れたから世界にひとつだけ〜〜



















楽しい時間が過ぎるのはあっというまで、気づいたら辺りも暗くなり始めて、わたしたちも伊豆高原を後にして熱海へ。帰りたくなかったは帰りたくなかったけど、2日間充実しすぎてなんだか胸いっぱい幸せいっぱいで満足感しかなかったな。

熱海駅でレンタカーを返して、浜松餃子のお店で夜ごはんを食べて、終電の新幹線で帰ってきました。途中、東京で東北新幹線なは乗り換えだったんだけど、熱海から東京までは2人で爆睡してた ( 笑 )















なにはともあれ、最高だった初めての旅行。ずっとHP見てくれてる子は薄々気づいてるかもしれないけど、実はわたし、彼氏という存在と旅行に行くっていう経験がこれが初めてで。

前の前の人とは、学生だったし、大学で毎日会ってたし、そもそも旅行に行こうって話にはならなくて、わたし自身もその頃は、旅行とかテーマパークに行くのは友達と一緒が楽しいって思ってたので別に良かったんだけど。

前の遠距離してた人とは、いつも栃木か青森でお互いの実家に泊まるって感じだったから、他のところにも行きたくて。1年記念日のときにどこか旅行に行こうって言ったんだけど、そのうち、そのうち、って言われて。気づいたら2年半経ってた。ある日 「 旅行行こうねって言い出してからもう何年も経っちゃってるよ、行き先だけでも決めないといつまで経っても行けないし、計画一緒に立てよう! 」 って真剣に言ったときがあったんだけど 「 旅行旅行うるさい!今度旅行って単語俺の前で出したら一生行ってやらないからな! 」 って怒られたことがあって、それから旅行の話はNG ( 笑 ) 今考えれば、わたしなんで怒られたんだ?ひどくない?って、呆れすぎてもはや笑い話だけど ( 笑)

それがあったから 「 彼氏と旅行に行く 」 っていうことはわたしの中でめちゃくちゃハードル高いことになってて  ( 笑わないで ) ダメな人と付き合うと自分の感覚までおかしくなるからほんとに良くないね。でも航平さんは、お盆に旅行行こうって言い出してくれて、こんないとも簡単にわたしの夢を叶えてくれて。歳上だからって金銭的な負担はもちろん、2日間の計画もお店や宿の予約も全部やってくれた。あやちゃんは隣にいてくれるだけでいいんだよ〜って。旅行だけじゃなくて、普段のデートも、毎回行く場所やること考えてくれるし、お店も予約してくれてる。どうしたらわたしが喜ぶのか考えて行動してくれる。こういうマメなところ、航平さんのとても大好きなところ。

毎日思ってるけど、本当に航平さんと付き合えて幸せだし、今のところは心配事も不安もなくて心穏やかに過ごせていられる。付き合う相手次第でこんなに違うものかって、勇気出して前の人を切ったのも間違ってなかったんだって思ってるし、あのときたくさん苦しんだから、こんな素敵な人に出会えたのかなって思ってます。

まだまだこれからも旅行の予定がたくさんあって、もはや来年の予定まで立ってしまっているよ、楽しみ。お金貯めなきゃだね、働きます ( 白目 )



















最後に、、、

インスタに写真載せたり、ストーリー上げたりすると、結構な頻度で友達から 「 おふたりさん顔似すぎ!似すぎて兄妹みたい! 」って言われるんだけど ( 実際見知らぬおじさんに2人は兄妹なの?って電車で話しかけられたことある ) この写真がほんとに似てると思う。よく一緒にいると似てくるっていうけど、わたしたちは元々の顔が似てるんだと思う。笑ったときの表情の作り方とかめっちゃ似てるよね。だからなんだって話だけど、この写真はあまりにも似すぎてたので載せてみました

2人の写真を見返してるとき「 撮ってくれた人の腕がいいからな〜 」 って言うと 「 いや、被写体が最高だからな〜 」 って返事が返ってくるし 「 このあやちゃん見て?なんなの?なんでこんなに可愛いの? 」 「 いやいや、こっちの写真のこうちゃん見てよ、カッコよすぎたわ、これは全米が泣くわ 」 って褒め合ってるからバカなのかもしれない。これからもこんな感じでずっと続いていければいいなと思います。

長文でしたが、最後まで読んでくれてありがとうございました!また更新します




11/07 22:10
cmmt( ? )







>>>>